トップ «前の日記(2007-08-23) 最新 次の日記(2007-08-30)» 編集

いちゆう日記

2002|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|07|08|11|12|
2005|01|03|12|
2006|01|03|04|05|06|08|11|
2007|01|03|04|05|06|07|08|09|10|11|
2008|02|03|04|07|11|
2009|07|10|12|
2010|01|
2016|08|

2007-08-29

_ [PC] 携帯で音楽

最近CDを何枚か買ったので、外で聴こうと思い携帯電話に転送しようと思いました。

僕の携帯は一昨年に買ったものなんですが、SD-Audioに対応しているのでそれを使えばいいはず。しかし例によって電話に付属していた専用の転送ソフト(SD-Jukebox)は旧バージョンのためVistaに非対応で、Vistaで使う場合は新バージョンを別途購入する必要があるようでした。

WindowsをVistaにしてからというもの、大抵の商用ソフトは有償でバージョンアップしなければ使えないという状況なので、いまでは使っているソフトはオンラインソフトばかり(それは昔からそうだけど)。

それはさておき、今回はさらに携帯電話のドライバも公開されていないので、多分有償アップグレードしても無駄だろうということでこの方法はあきらめ。

それで代わりに携帯動画変換君で音楽の入った動画ファイルを作ってそれで音を聴くという作戦をとることにしました。

このソフトはいろいろと厄介な仕様になっている携帯電話でもうまく再生できる動画を作ってくれる優れものなんですが、しかしうちのVistaではうまく動きませんでした。正式対応してないので仕方がないのですが、どうやら内部でQuickTimeを呼んでいるところでこけるようです。QuickTimeのバージョンを入れ換えたりしていろいろ試したのですが、あまり古いQuickTimeを入れると今度はOSがクラッシュしたりとかいろいろあって、結局解決しないまま。夜も更けてきたので時間切れ。

それが昨日の夜で、今日になって次はどういうアプローチで行こうかと考えて、ネットで事例を調べ回り、Linuxでwineを使って携帯動画変換君を動かしたというのを見付けたのでそれを試してみるかとも思ったのですが、うちのLinux機の環境だとffmpegをコンパイルして入れ直したりとかが必要でかなりめんどくさそう。

しかしWindows機のほうにWindows2000がデュアルブートで残してあるのを思い出して、それを起動して携帯動画変換君を動かしたらそれであっというまに解決しました。やっぱり2000はいいですね、Vistaの後だと同じPCが妙に早く感じるし(苦笑)。昨日の苦労は何だったんだか。

でもやっぱり面倒なので、次は素直に携帯音楽プレイヤーを購入しようかと思いました…


トップ «前の日記(2007-08-23) 最新 次の日記(2007-08-30)» 編集