トップ «前の日記(2002-12-15) 最新 次の日記(2002-12-23)» 編集

いちゆう日記

2002|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|07|08|11|12|
2005|01|03|12|
2006|01|03|04|05|06|08|11|
2007|01|03|04|05|06|07|08|09|10|11|
2008|02|03|04|07|11|
2009|07|10|12|
2010|01|
2016|08|

2002-12-21

_ CD-R続き

平日は仕事が忙しくてできなかったので週末にサブマシンのWindowsを修復し、CD-Rドライブに付属のNERO V5をやっとインストール。で、早速焼いてみると……JustSpeedが効いてると結局40倍速出ないし。10枚198円のメディアじゃダメですか(ちゃんとx40って書いてあるのに〜)

他に高速対応メディアは持ってないので、せっかくの高速ドライブも宝の持ち腐れ…? というか16倍でも32倍でも(外周部での最高速度なので)実際にはたいした差は無いし。まあいいか。

_ linuxでゲーム……失敗

サブマシンに入っているVinelinuxにはゲームの数が少ない(GnomeやKDEに付属のものしかない?)ので、linuxで動くゲームを物色。

linuxで動く有名なゲームというとjnethackとかが挙げられるがプレイに時間がかかりそうなのでパスして、ちょっとした合間に出来るゲームでtuxracerを入れてみようかと考える。

しかし調べてみるとこれをインストールするのはかなり大変っぽい。しかも3Dのゲームなのでそれなりにマシンパワーも必要である。そこでRADEON7500なメインマシンにDebianをインストールし……たりすると収拾がつかないので、お手軽にKNOPPIXで済ますことにして、2002-10-17版のisoイメージを落としてきて新しいCD-Rドライブのテストを兼ねて焼く。

で、メインマシンにそのCDを入れてCD-ROMブートで起動。ブート時にUSBキーボードが使えなかったがしばらく待っていると自動的にデフォルトパラメータで起動するようだ。また、USB audioが刺さったままだと起動しなかったので抜いておく。待つことしばし、Xが立ち上がってVineでもお世話になっているKDEを画面を拝むことが出来た。

このバージョンのKNOPPIXにはtuxracerが入っているのでメニューから選ぶだけで起動できる。が……遅すぎてゲームにならない。毎秒1〜2コマくらいじゃないの?

で、いろいろ調べているうちにtuxracerにはWindows版があることに気づいて、とりあえずWindows2000に戻ってWindows版をインストール(解凍するだけ)して起動(ダブルクリックするだけ)してみる。

おお、めちゃくちゃ快適に動くじゃないか。解像度を1024x768にしても実にスムーズである。で、しばらくWindows版で遊ぶ。

(LinuxのマスコットがTuxなんだからWindows版はビル・ゲイツ氏が滑るんだったらウケたんだが。いや、そもそもゲイツ氏はMSのオーナーであってマスコットキャラじゃないし。MSのマスコットって何だろ。Officeのイルカとかか?)

……数時間後、軽く3D酔いになったところで当初の目的を思い出す。Linuxにゲームを入れるんだったっけ。

結局Linuxで3Dのゲームをやるのは大変そうなのでやめて、今度はPingusを入れてみることにする。linux版のバイナリを落としてきて、解凍しておそるおそる起動してみると、おお動いた動いた。しかし、どうもこれもステージが選べないしときどきマウスが効かなくなるし不安定なのだ。で、これもWindows版が一緒に置いてあったのでそれで遊んでみる。

……えーと、そもそもの目的はなんだったっけ?

今日の収穫:新しく買ったCD-Rドライブが正常に作動することを確認できた。

本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]
_ NI-Lab. (2002-12-22 20:09)

うちのwinにもtuxracerが入れてあります。winのマスコットは窓マークかなぁ。


トップ «前の日記(2002-12-15) 最新 次の日記(2002-12-23)» 編集