トップ «前の日記(2002-08-28) 最新 次の日記(2002-09-01)» 編集

いちゆう日記

2002|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|07|08|11|12|
2005|01|03|12|
2006|01|03|04|05|06|08|11|
2007|01|03|04|05|06|07|08|09|10|11|
2008|02|03|04|07|11|
2009|07|10|12|
2010|01|
2016|08|

2002-08-31

_ いもむし

名鉄の3400系がこの夏で現役引退するということで、いつか乗りor撮りにいかなきゃと思っていたのですが、いろいろ都合もあってなかなか行けませんでした。とうとう運転の最終日になってしまいましたが、今日お別れ乗車に行ってきました。

乗ったのは昼頃の新可児〜犬山〜新岐阜間なんですが、やはり最終日だけあってかなりの混みよう。特に犬山から新岐阜の間は、車内は地元のお客さんが乗車をあきらめるほどの満員ぶりで、車外でも沿線でカメラを構えていたファンの数は100名は下らなかったと思われます。

僕は新岐阜で降りたんですが、新岐阜では乗ってきた乗客の半数以上が乗ったまま折り返し、さらにホームから溢れんばかりに待ち構えていた人々が2両編成に殺到したためにすごいことになってました。乗りすぎでスピードが出せなかったのかダイヤが遅れ気味だったことも混乱に拍車をかけていたようです。最後は自動ドアが閉まらなくて駅員さんが無理やり閉めてましたが、あの折り返しの犬山行きって普通電車だったのに途中駅ではどうなったことやら。

まあ、名物車両の引退というイベントの熱気は十分に堪能させてもらいました。


トップ «前の日記(2002-08-28) 最新 次の日記(2002-09-01)» 編集