トップ «前の日記(2002-08-22) 最新 次の日記(2002-08-24)» 編集

いちゆう日記

2002|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|07|08|11|12|
2005|01|03|12|
2006|01|03|04|05|06|08|11|
2007|01|03|04|05|06|07|08|09|10|11|
2008|02|03|04|07|11|
2009|07|10|12|
2010|01|
2016|08|

2002-08-23

_ 今治〜高松

昨日は日焼けを警戒して長袖のシャツと帽子を着用していたんですが、しっかり顔の下半分と手の甲が焼けてしまいました。しかも左手には腕時計と長袖の袖口の間も細長く焼けてるし……

さて、今日は宿をバスで出発して今治駅に向かい、「バースデイきっぷ」を購入。この切符は誕生日の月に限り1万円でJR四国内が3日間乗り放題となるもので、なんと特急のグリーン車まで乗ることが出来るというもの。今回はこの切符で四国を一周することにします。

まずは今治9時52分発の特急しおかぜ12号で東に向かいます。もちろん乗り込むのはグリーン車。考えてみればグリーン車に乗るのはこれが始めてかも。こんな切符でもなければ乗りませんからねえ。深いシートが快適です。

瀬戸大橋を渡って児島まで来たところでJR四国の区間は終わり。ここから逆に快速マリンライナー23号で瀬戸大橋を折り返し、12時7分に高松着。快速もグリーン車に乗車です。指定された席がたまたま一番前だったために、海上の走りを十分に堪能できました。

_ 高松〜徳島

高松では街中をうろついて食事を食べるところを探します。狙いは当然讃岐うどん。とはいえ車内でいろいろ食べていたためあまりお腹が空いておらず、結局商店街の店で生醤油うどんを食べることに。ゆでたうどんに生姜と醤油をかけただけなんですが、麺がうまいのでなかなかいけます。値段はたったの110円。安い。

その後、次の列車まで時間があったので、駅前の公園のベンチでノートPCを広げ、PHSでネットに繋いで今晩の宿を予約。ついでに昨日の分の日記をアップしときました。外でネットするのも楽しいのですが、通りがかりの人から見れば異様な光景だったかも。PCを畳んで駅に歩き出したところで突然ぱらぱらと雨が降ってきて、危ないところでPCを濡らさずにすみました。

高松からは13時47分発の特急うずしお13号で徳島に向かいます。残念ながらこの特急はモノクラスなのでグリーン車はありませんが、振り子でぐいぐい進むのでさながらジェットコースターに乗っているような気分を味わえました。もっとも、半分くらいは居眠りしていましたが……

_ 徳島〜阿南

徳島には14時47分に到着。駅前の通りを歩いて阿波おどり会館に向かいました。ここは年中阿波踊りを体験できるほか、眉山に上るロープウェイの乗り場にもなっています。ステージで実際の阿波踊りを見ることもできたようなのですが、今日は時間も無かったのでミュージアムだけ見学してロープウェイに乗ることにしました。ミュージアムにはスイッチ付きの床の上で画面にあわせて阿波踊りを踊るという、なんだかゲームセンターにありそうな阿波踊り体験機があったり。ロープウェイで上った眉山の展望台からの眺めは最高でした。

十分に眺めを堪能した後、ロープウェイで山を下り新町川の川沿いを歩きました。そしてひょうたん島の遊覧船に乗ります。ひょうたん島というのは徳島市の中心部の川に囲まれた中州がひょうたんの形をしていることからきているようで、遊覧船はこの中州を一周し、無料で乗ることができます。僕が乗ったときは他のお客さんは地元の人が多かったようです。ちょうど満潮が近づいていたため、いくつかの橋はくぐるのがぎりぎりの高さとなっており、これ以上潮が満ちると通れなくなるということでした。

夕食をとった後、徳島からだと明日の朝が早くなるため、19時10分発の特急むろと3号で阿南に移動して泊まります。むろと3号はキハ185系の2両編成。僕の乗った1号車は一部指定席で、指定席は12番から15番までの16席しかないんですが、指定席に座ったのは僕一人でした。自由席でも十分座れるしね……

_ カレー日記・徳島編

ところで今日の夕食はココ壱番屋JR徳島駅前店でエビ煮込みカレーとトマトとゆでタマゴのサラダを食べました。エビ煮込みはさっぱり系のカレーが食べたかったのでセレクト。単にむきエビが入っているだけなんですが、魚介類好きの僕が好きなメニューの一つです。シーフードよりもだいぶ安上がりだし。トマトとゆでタマゴのサラダはココイチらしからぬお洒落な雰囲気で出てきますが、それもまた良し。


トップ «前の日記(2002-08-22) 最新 次の日記(2002-08-24)» 編集